上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年初めてのレースです。
前日には過去の経験上、調子が良かったカレーを食し、広島の実家に帰って睡眠時間を確保、当日も朝食にあたたかい和食を頂く、エネルギー的には万全。良し!

天気は晴れ、スタートラインで震えていた去年とは大違いです。

試走を1周、10分程度のアップをして最終的な身支度。呑気しすぎたのか他の岡山メンバーはビシッと最前列に集合しているのに後ろの方に並びます;(今回80人程度だからよかったもののレースによっては致命傷か)

レーススタート。1周目から逃げが出るとは思えないので、危険な走りにならない程度に、知り合いの顔が見える順位までじり上がりする事にしました。

マスターズなのでそんな無謀なラインを通る人はいなかったと思います。それに、いきなりハイペースにならずに良い感じ。しかし、金網トンネルの辺りでトラブルが発生します。

抜けた先に急な坂があるので、インナーにフロントを落としクリア、そして下りに入る前にアウターへ…

ガリガリガリ

…入りません

Zeidaさんが異音を不審がって心配してくれます。「大丈夫?」「だ、大丈夫です」
(全然大丈夫じゃない)

集団の慣性で下りきった後、具体的にどうなっているのか確認しました。
フロントディレイラ―がアサッテ向いています。

どうしてこんなことになっているのか思い出してみると
朝試走後、ホイールのカセットを交換していた時、どうやって落ちたのかチェーンキャッチャーの内側にチェーンが落ちていたので、一旦ボルトを緩めて直したのですが、その後のしめこみが甘かったようです。



とりあえず三段坂の登りはインナーだけで問題無し、下りは集団のぶりで誤魔化します。

ホームストレートに戻って手でフロントディレイラ―を押すと動きましたが、手で簡単に動く状態だから起こっているトラブル、アウターに入れようとすると元の状態に逆戻り。六角でしめ込まないことにはどうにもなりません。

2周目も集団について下りをクリアします。

ホームストレートに帰ってきて、声援が胸に痛い。

いいよ!行けるよ!

(御免、駄目かもしれない;)

2周目に確認した限り、下りはどうにもならない。これでもかと回してちょっとかかるかどうかという状態。

…それでもどうにか勝とうとするなら、下りのペースが上がる前に登坂で逃げてアドバンテージを得るしかないと結論

アップダウン区間が始まって2回目?の登り返しで後続と自然に間があいていたので、思いっきり、行った。

タイミングは、完璧だったと思う。

ここはきつい登りと認識されていない割に、ブラインドが多く、集団からちょっと離れた所からの加速でいつの間にか居なくなっている、という逃げ方が出来る。

更に杉野さん他、岡山勢が気付いて集団のペースをコントロールしてくれているようで、差が詰まらない。

金網トンネルを越えて全開で登って下り。単独なので最短ライン。ベタベタに前傾してスピードを稼ぐ。

三段坂でも全開、最高心拍200まで追い込んで登る。

展望台からの下りでも休めない、高回転で回すも、徒労感、自業自得…

先導バイクの走行ラインに合わせてコンマ1%でもスピードを稼ぐ

ベンガ!ベンガ!ベンガ!ベンガ!

S字!後続はどうだ?分からない。

どこまで詰められていようが、結論として回すしかないので振り返らずに走る

最終ストレートォ

昨日、某スプリンターからスプリントのコツを聞いていた
根拠のない自信と飛び出す勇気と、あとは死ぬほど回す…と
あとは何が起こるか分からないので最後までペダルを緩めない事だと

思考を単純化する。
ゴールまで1回でも多くペダルを回す、それだけに集中。

あと200m

歓声が聞こえるが、どういう事で盛り上がっているのか分からない。
と、後ろに気配を感じた。

ダンシングに切り替え、最終スプリントに移行

もぉがぁけぇぇぇ!!!!!!







優勝者にコンマ2秒先行され、ゴールラインを越えました。


レースリザルト
2位

岡山県メンバーの思いを託されてアシストしてもらったのに、たったそれだけ踏めなかったのか?とじわじわくるものがありますが、このくやしさは次のレースのモチベーションにしたいと思います。参りました。

2013AM

なかなか表彰台に乗る事は無いので、銀メダルはそれでも嬉しかったりする。
S居さん、全然走れてないって言われてたのに、やっぱりそういうリザルト!
トーマスさん、Zeidaさんも入賞しましたぞ!
久しぶりに徳島の方々と一緒に走れたのも嬉しかった!
岡山勢のアシストは助かりました、あそこまで逃げれたのは皆さんのおかげ、良い仕事でした!
レース中は気付きませんでしたが、家族も見に来てくれました。なかなかやるでしょ?おかげでリラックスして走れました。

逃げのタイミングと、調子に乗った走りをしなかったのだけは良かったと思う。

自己採点50点ということで第3のびいる

飲むんかい~(^-^;)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/156-d6215a15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。