上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近チームで大はやりの赤穂行き。

長いアップダウンは体が冷えるし、ちょっと北に行くだけで絶望的な寒さになるので、必然、児島半島か赤穂方面しかなくなるのだ。この時期は仕方ない

チーム岡山メンバーに加え、最近精力的に走られている櫻井さんが参加して下さり、LSDということで、のんびりとスタート。

なかむらさんの時期機材の話などしつつ、巡航。

往路は非常に平和だったが、復路の峠で、チーム岡山のピースメーカーと特に呼ばれていない私自ら強度を上げてしまった。ただただ反省。(STRAVAにアップしたら峠区間のKOMとほとんど違わないタイムが出ていたので、LSDとしてはどうにも上げ過ぎ、下り、平地で上げよう)

西大寺市民会館まで戻って丁度12時。

家に戻るとそれでも疲れがあるのか、椅子に座ったまま10分寝落ち

今日は回復日にて通勤走のみ。
スポンサーサイト
土曜プッチに参加させてもらいました。

昨日から風が強く、気温も高くないので

逆境に立ち向かう自分!的なヒロイズムでドーパミンを出そうとしたが。

練習場所に到着してみると、思いのほか風もなく我慢出来ないほど寒くも無く、その必要は無かった。

参加者は赤マドンさん、みむtさん、青Mさん、D241

いつもの坂の周回を周ったあと、児島半島へ向かう

ここで遂に牙をむく風。半島へ渡る橋でクライマックス。怖すぎる。

みむtさんは強度が高いと ここで離脱したが、平地の方がしんどかったのでは。

残るプッチレギュラーで強風に抗いながら嫌になり過ぎない強度で回す。

予定通りのメニューをこなし終了。

参加してなかったら、まごまごして一日走れずにいたかも。感謝

いつもの疲労に加え、風により表情筋まで筋肉痛になりそうな日でした。
結局今年も国際サーキットで耐久をやるというのでダックスの応援に

の前に、金山TT。
これからウェアは重くなるし、自己ベストを狙える機会はそうそう無いかもしれないので。
結果、更に自己ベストを更新した!

          今回 (これまでの自己ベスト)
宗谷山口      6:00 (5:53)
エースセンター前  12:51 (12:58)
ゴール        19:40 (20:02)

ついに20分を切った。今年仲間達と数限りない練習をこなしてる上、計画的な摂生に8/23より取り組んだ結果、
自分史上最速の登坂力。
ロードレースを主にするようになって、もう登れない人になってしまったなと思ったが、そうでもなかった。
次は来年までお預けか?

満足して何気なくカバヤ方面に向かったが山陽町抜けて行くんだった。急いで逆戻り。
10時には耐久が始まっていると思っているから和気の鵜飼谷温泉前を11時15分頃通過してタイムトライアルペース!MF雲海のコースを爆走してサーキット入口に11時50分到着。
諦めんで良かった、2時間のゴールシーンは見れる!と思ったら。始まったばかりでずっこけそうになる。
それからは応援というか直接火力支援というか。なんやかやで忙しく。

すっかり楽しんで気がついたら3時半。ライトが無いんだった。
終わった脚でTTの図。5時半には戻れました。
土曜は意図したわけではないが2週連続登坂TT。
先週は高梁まで70キロを自走し、その勢いのままアタック。
コ―タ君が頑張っているのに励まされ、去年ゴールまで切らさず。
完全単独走で32分6秒でした。
tomato
頂上では大会関係者の方に地元の名水とトマトをふるまって貰いました。ンマーい。

今週土曜は、朝錬に起きれなかったので、どうしようかと思案。
20kmアップ後、金山TT

          今回 (これまでの自己ベスト)
宗谷山口      5:53
エースセンター前 12:58 (13:26)
ゴール        20:02 (20:26)
入りのペースは速かった為、狙える感じだった。体感的には止まってしまいたくなったが最後まで。


日曜はチーム錬で舞洲対策。
玉島平地周回を、30分+1周、25分+1周、20分+1周、15分+1周(各セット間は10分インターバル)
1セット目は45km/hでの完全レースペースで距離としてもE1対応。
ミジンコさんが発射台になってくれたが更に後続にまくられて終了。
来月のマスターズは平地だが、もっと距離が長いので、筋持久力が問われるロードレースにちゃんとなるという事か。

2セット目以降は流石にペースが下がる。
どのセットも、誰の力が正味どれだけ残っているかの観察と、最終周はゴールまでのストーリーを考えながら走ってみた。(先週は集団がばらけた時の各人の位置や、ゴール前までに切っておきたい相手などあまり考えずに走ってしまった為。)

全セット、ゴールまでついて行けた。後は来週の調整のみ。

練習後は倉敷のラーメン店、食楽にてご褒美。自家製の次郎系太麺が美味しかった!
麺の量は自粛して普通盛り、野菜は3倍にて。
10倍とかあります、野菜6倍くらいなら行けそうだった(*´∀`)
もう全身バキバキです。

土曜
誰かいるかなあと、朝、約束のコンビニへ。
茄子の人、灰色ウサギ、止めにエイリアン集結。
何の告知も無いのに早朝からどんだけ~。
カバヤまで市中引き回しの上、獄門と相成った。
ここでこらえてもらって、やまなみと竜天の山岳コースロング。
ちょっとハンガーノック気味にて美咲の黄福広場でたまごかけご飯。
親知らずを抜いた所はちょっと腫れ気味(自業自得)
噛みづらくなっているのか、消化が悪く、微妙に力が出ない。


日曜
スタッフ参加するメディオフォンドの為に津黒の試走。
コース下見と、暑さ、補給の具合の確認。

激しい日差しを想定して、アームカバー、レッグカバーで完全武装。ボトルは完全に凍らせた物750mlをダブルで。曇り気味の、この時期にすれば相当いいコンディションであったが、それでも2時間半程度で飲みつくしてしまった。
エイドでの水分補充は必要。消費カロリーも多く、参加される方は補給食も十分取られて下さい。

津黒のコースについて尋ねられる機会もありますが、今年も過酷です。フルコースで超級山岳2本分は伊達ではありません。
道が分からないのでとりあえずついて行きます。
初っ端の上杉峠、ピークを過ぎての下りは

非常に急でタイトな下りが2車線になるまで続きます。

もし道が濡れていると更に危ないと思いますので、十分に車速を落として下って下さい。
ここから第一CPまで、少しの登りを交えての下り基調。ダイナミック。
チェックポイントからは、またじわじわ登りが始まります。
国道あたりは斜度が低いのですが、森林公園に向けての坂を登り始めると、みんなの口数が少なくなってきます。
こんな時に限ってギアは11-23(コンパクトクランク使用。コースに激坂が含まれているので、ノーマルクランクなら25以上のギアを推奨。27ぐらい?)。みむtさんなんてホイールR500です。
えっ、このペースでいくの?と思いながらも一度上がったペースはなかなか落ちません。
平坦になるところで、ようやく痩せ我慢大会終了。
森林公園から先の登りは、斜度は低いですが、

グレーチングに大きな隙間がありました

ずれているとかではなく、もともとグレーチングの全長が足りてないのでは?要注意区間です。

ピークを過ぎると人形峠まで下り、本番では待望の補給、軽量化ポイント!

人形峠から国道までの下りは

工事中で道がガタガタになっている区間があります

コース上で特に注意する区間はこんな所、あとは下りでスピードを出しすぎなければ、楽しく悶絶できるかと。

恩原高原を周る道は非常に爽やか。湖畔の景色を眺めながらのライド。
距離的にも半分以上進んでいる計算で、モチベーションも回復。癒し

国道に戻ると奥津まで緩い下り。トレインを組んで、唯一といっていい長い平坦を楽しみます。
奥津からはちょっとだけ国道からそれて登り。
再び国道に戻りチェックポイントまで下ります。

ここで止めが入ります。来るときにビュンビュン下ってきた道が、今度は登りとなって牙をむきます。
実業団も満身創痍。声にならない声を上げて登ります。途中で短時間のスコールで癒されます。
上杉峠までの最後500m程度は壁のような激坂。青Mさんも流石にダンシング。
脚止まったら終わりだなと一気に登ります。

一番最後にコレは本当にキツイと思いますね。スタート地点まではダウン走しました。

通常練習よりきついんですげどー。

湯原の砂湯で体を休める。川でアイシングしようとしたら、この時期なのに激寒。

明日は全身筋肉痛だな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。