上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日、調整走50km
その後、BPSなかやまさんが驚異的スピードで新型機材を完成させてくれたので、受け取りに。
試乗してチェックしたが。ポジション等も完璧。素晴らしい。
あまりのうれしさにしばらくぼーっと鑑賞したが、そうしてもいられない。
明日の準備。タイムスケジュール確認。
コース動画をネットで探して見たり。コースプロフィール確認。
過去リザルトで皮算用したり。(実際はそんなもの走ってみるしかないのだが、半分は良い事。なぜなら上位リザルトを狙う意思があるってことだから)

なんやかやして、20:00就寝、1時起き。
2時に出発して、受付会場および駐車場である堀場製作所までは3時間かからないくらい。
駐車場ではT坂さんと再会。徳島からも桁外れの選手が参加しているようで、カテゴリが違って助かった(´▽`;)
トイレが少なく、アップはあまり出来なかったが、全くアップをしない有名なクライマーもいる。気にしない。
スタート地点への移動がそこそこのアップとなった。

E1とE2を見送ってスタートを待つ。
コースは通常自動車専用道の奥比叡スカイラインが使用される。棚田や木立の間を通る素晴らしい道。
hiei3
登りは景色を堪能する余裕が無いのが残念だ。
程なくしてE3スタート。
じわじわとペースが上がっていく。基本的に横並びにはならず、縦一列。
ついて行けない事はないがじわじわとキツイ。
10分ぐらい頑張ったが、ここで先頭集団にはついていけなくなる。
その後はT坂さんと同じグループで登り続ける。15分を過ぎるといよいよきつい。頭を伏せてしまいたいが、そうしてしまうと吸気効率が下がる上、直進安定性がなくなって抵抗が増す為、我慢我慢なのである。これ以上しんどくなってたまるか。
18分頃、先行スタートした灰色さんをオーバーテーク。声をかけられるも、反応できず、向こう岸が見えそうになっている。ただ、計算上はそろそろ平坦な道になってもおかしくない頃。ここで振り絞り一旦のピークから緩い下り基調になる前にちょっと前の人数の多いトレインにしがみついた。
後は、集団の中でゴールスプリントに備え、動画を見て想定していたパーキングを指す看板付近からのスプリントを敢行。ゴール。

E3 13位
記録23:07 トップ差01:02

どうにか複数ポイントは取れた。心肺的にもここまで追い込んだのは久しぶりだが、もう少し絞らないとヒルクラでは通用しない。

レース後はチーム員で比叡山観光。
hiei2
激坂。45度以上と思われる。
hiei1
みんな揃って。

なんでかGAWA君が他の観光客の人に沖縄出身と間違われる。チームOKINAWA?綴りが似てるような似てないような

坂フリムン達の一日が終わる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。