上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝一の体重57.9kg、体脂肪率12.1%
スーパーに朝行くとパンしか置いておらず、パンだとちょっともたれ気味になるのでお結びを前日に買っとくべきだろう。
5:30に西大寺出発、10:00前に会場着。
運営が代わっているからか、いろいろとグダグダだったがなんとか駐車。
アップは高回転 110 3分 120 2分 130 1分 後は実走。
バイク重量はギリギリの筈だが、自分でも計りを買っておくべきか?
ドリンクはグリコの黄色いの、気付けの為、酸っぱいのをチョイス。300ml。半分でもいいと思う(ゼリー用とか)
平坦もあるのでワンピース使用、シューズカバー使用。

レースは序盤は30人くらいの集団、いきなりは上がらなかった。
ヒルクライムレースの場合、最速以外の選手は、オーバーペースと思いつつ集団に付いて行ける所までいくか、早々に自分のペースで登るかを迫られる。
今回、自分は前者。
7キロくらいまで先頭集団にいたが、限界。
もう少し行けば平坦に近い所もあったので(8キロくらい?)
次回参加するならそこまでは粘りたい。
マイペース組に1台ずつ抜かれながら、それでもペダルは緩めない。
全力で登らないとデータにならない為。
途中、ホビー参加の選手の声援を受けつつ登る。ショートコースゴール付近からはホントに辛かった。
ゴール後は久々の鉄の味&両足攣り。
51分4秒

2009年にフルコース登った時より5分近く速くなっているのだが、ヒルクライムのレベルも同じくらい底上げされていた。乗鞍で1時間切る選手が100人くらいいてもおかしくない。というか、それ以上いるか?
やっぱりクライマーって変態だ。

後日、野戦病院で左足が細いですねと言われる。右足一発で回しているのか?

その他
 サイコンの表示項目がいい加減すぎると思う。ペーシングとモチベーションUPに必要なものを吟味すべき。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。