上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の試走時は路面はドライだったが結局雨。
去年雨のレースを結構体験しているので準備は出来ているし、冬の寒さでないのは救い。
スタートは最前列だったので、下りをに3番手か4番手ぐらいで入れた。前はカイルさん。理想的な入り。
久しぶりのチューブラー、それもウエットなのでブレーキの具合を確かめながら用心して走る。
流石にA-Mはレース慣れしていて、B3と違って変な挙動が無く走りやすい。
そうこうしているうちに、神野さんがアタック。サイクルプラスから逃げが出るのは過去のレースで何度もあったが、ソロでこんな序盤からいきなりである。
それが見える位置にいたし、みむtさんも教えてくれたが 流石に決まらないだろうと静観。
集団のペース自体は杉野さんやグラデパのしんのすけさんが牽いたり、なかむらさんがアタックをかけて活性化しようとする。下りのペースなどから見るに、みんな力の探り合いといった感じ。
3段坂の最初のトンネルをくぐった辺りで神野さんを捕捉。
上げ過ぎないペースで展望台まで。周りの登坂力を確かめる。展望台を先頭通過して無難に2周目に入る。

2周目。Nasu Fun club、ユニヴェール、タクリーノ、sonic RC、RTヒルクライム、青Mさんと私。
この辺りが主に先頭を牽いていたと思う。三段坂前の平地でsonic RCがアタック。ついて行けたのは私とRTヒルクライム、ずっと先頭だったsonic RCは後退し、RTヒルクライムと二人で飛び出している形。集団は青Mさんが抑えてくれていたが、決定的な差はつかない。下りきる前に追い付かれる。

ホームストレートではユニヴェールが速い。
この選手と、神野さん、sonic RC、青Mさんといった所がどうもスプリント力が抜き出ているように思えた。
ここは結構苦手意識があったが、集団で走る限りは全く問題ない。

3周目。いきなり下りには先頭で入って延々牽いてしまった。この辺りが最も駄目だった所。
こんな所で頑張っても集団は減らない。
結局、展望台の坂の途中まで威勢よく先頭付近で走って、いきなり切れてしまった。
青Mさん、最後まで残れなくてスミマセン。

何故毎回このような走りになってしまうか、どうやって力をセーブするか考察してみたのでそれは後述にて。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/117-65328063
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。