上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日木曜日、仕事場に旅の用意をして車で出勤、終業後から日曜日までレースだ!
19時にみむt宅を出発。田辺の宿に泊まったのが11時頃。
朝、4時15分起きで新宮に出発。
去年ニュースで報じられていた洪水被害。熊野川沿いの道を走っていると車の上を橋が横切っていたりするが、その橋に流木が張り付いている。想像以上の被害だったようで一同言葉を失う。
それでも、今年再び大会を開催できるに至る、地元の人の力。一競技者として走りを通じてエールを送りたい。
kuma1

コンディションはドライ。去年のようにみんなで一周試走。
サインオンし、スタート待ち。号砲
結構、左前方に並んでいたが、久しぶりの集団走行(170人!)に慣れず、ずるずる順位を落とす。
とりあえず、一周走りきれば落ちつくだろうと。2つ目のトンネルの中での事。前方で落車発生。
巻き込まれ、もの凄い音と声がトンネル内にこだまする。
直ぐに立って前を追いたい。この先は細い道でペースが落ちるはず。追いつける。
しかし、ステムが曲がっていて、リアホイールにも引っかかりがある(ブラケットのねじれだった)
ホイールを股にはさんで力づくで治そうとした所で…

…無理だ。完全に壊れる
素に戻った。

とりあえず左足が痛い。まともに歩けない。トンネル内は暗く、人、マシン共に状態が分からないのでトンネルを出る。左足むこうずねと腿に、なにか棒状のものが当たった跡がくっきり、パンパンに腫れている。
脚の付け根も痛い。フレームは問題なかったが、フロントホイールは計測チップが反対側を向いていた為か、スポークが一本破断、後は前述の状態。早く戻りたいが、周回コースで回収車が止まるタイミングがないのか、待ちぼうけ。明日走る為にどうするべきか、ずっと考えていた。
レース終盤でようやく乗れ、チームメンバーが丁度ゴールする所だったので観戦した後、救護テントで簡易治療。
自分はこの有様だったが、チームは3、4,5位入賞と実に胸すく結果!
チーム岡山、目立ち過ぎ!
ホイール以外は青Mさんが整備してくれ、更にアルティメイトを貸してくれる…だと!?
スペック的には良くなってるじゃないか!後は体だ
みむtさんが貸してくれた氷嚢で打撲箇所を冷やし、ロキソニンの錠剤、ロキソニンシップで痛み止め。
みんなのダウンに付き合って漕いでみた限りでは、自転車に乗る分には大丈夫そうだし、明日は待ってましたの山岳ステージ。無理はしないが、どうあっても出たい。
車で熊野のコースを下見。
9時過ぎに寝るまで何度もゴールまでの流れをシュミレーションする。
明日は俺の日だ…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/127-161eea5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。