上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう全身バキバキです。

土曜
誰かいるかなあと、朝、約束のコンビニへ。
茄子の人、灰色ウサギ、止めにエイリアン集結。
何の告知も無いのに早朝からどんだけ~。
カバヤまで市中引き回しの上、獄門と相成った。
ここでこらえてもらって、やまなみと竜天の山岳コースロング。
ちょっとハンガーノック気味にて美咲の黄福広場でたまごかけご飯。
親知らずを抜いた所はちょっと腫れ気味(自業自得)
噛みづらくなっているのか、消化が悪く、微妙に力が出ない。


日曜
スタッフ参加するメディオフォンドの為に津黒の試走。
コース下見と、暑さ、補給の具合の確認。

激しい日差しを想定して、アームカバー、レッグカバーで完全武装。ボトルは完全に凍らせた物750mlをダブルで。曇り気味の、この時期にすれば相当いいコンディションであったが、それでも2時間半程度で飲みつくしてしまった。
エイドでの水分補充は必要。消費カロリーも多く、参加される方は補給食も十分取られて下さい。

津黒のコースについて尋ねられる機会もありますが、今年も過酷です。フルコースで超級山岳2本分は伊達ではありません。
道が分からないのでとりあえずついて行きます。
初っ端の上杉峠、ピークを過ぎての下りは

非常に急でタイトな下りが2車線になるまで続きます。

もし道が濡れていると更に危ないと思いますので、十分に車速を落として下って下さい。
ここから第一CPまで、少しの登りを交えての下り基調。ダイナミック。
チェックポイントからは、またじわじわ登りが始まります。
国道あたりは斜度が低いのですが、森林公園に向けての坂を登り始めると、みんなの口数が少なくなってきます。
こんな時に限ってギアは11-23(コンパクトクランク使用。コースに激坂が含まれているので、ノーマルクランクなら25以上のギアを推奨。27ぐらい?)。みむtさんなんてホイールR500です。
えっ、このペースでいくの?と思いながらも一度上がったペースはなかなか落ちません。
平坦になるところで、ようやく痩せ我慢大会終了。
森林公園から先の登りは、斜度は低いですが、

グレーチングに大きな隙間がありました

ずれているとかではなく、もともとグレーチングの全長が足りてないのでは?要注意区間です。

ピークを過ぎると人形峠まで下り、本番では待望の補給、軽量化ポイント!

人形峠から国道までの下りは

工事中で道がガタガタになっている区間があります

コース上で特に注意する区間はこんな所、あとは下りでスピードを出しすぎなければ、楽しく悶絶できるかと。

恩原高原を周る道は非常に爽やか。湖畔の景色を眺めながらのライド。
距離的にも半分以上進んでいる計算で、モチベーションも回復。癒し

国道に戻ると奥津まで緩い下り。トレインを組んで、唯一といっていい長い平坦を楽しみます。
奥津からはちょっとだけ国道からそれて登り。
再び国道に戻りチェックポイントまで下ります。

ここで止めが入ります。来るときにビュンビュン下ってきた道が、今度は登りとなって牙をむきます。
実業団も満身創痍。声にならない声を上げて登ります。途中で短時間のスコールで癒されます。
上杉峠までの最後500m程度は壁のような激坂。青Mさんも流石にダンシング。
脚止まったら終わりだなと一気に登ります。

一番最後にコレは本当にキツイと思いますね。スタート地点まではダウン走しました。

通常練習よりきついんですげどー。

湯原の砂湯で体を休める。川でアイシングしようとしたら、この時期なのに激寒。

明日は全身筋肉痛だな
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/137-e813be3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。