上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.17 秋の舞洲
前日、前々日は3本ローラーでの高回転負荷(ごく短時間)で刺激を与えるのみ。
久しぶりの実業団レースで、前日の朝くらいはちょっぴりナーバスになったが、一度ピークを過ぎると良い感じに落ちついた。

maishima2012-2
ど平坦 オブ ど平坦
台風が近いので風が強い。
この風向きとかも実は重要で、逃げた選手がやけにアウト側を走るな?と思ったら
駐車している車を風避けに使っているんです。(気付け俺;)
当然、集団でも横風の場合、左右どちらに位置するかで楽さが変わったり。
クリテでも体力勝負だけでない駆け引き、位置取りが存在します。

いつもの様に、ローラーだけでなくアスファルトの上を体重をかけて走る感覚が欲しいので場外でまずはアップ。
その後エキスパートのレースが始まって、観たくて仕方がないが3本で刺激を入れる。
エキパではミジンコさんが、優勝!…だと!?
やっぱり、スゴイ、ゴールシーン見たかったです。
この人と練習してきた…良し!やる気出た。


20分前にスタートに並びに行くともう既に人だかり。人数少ないし、ローリングスタートだからまだ良かった。
スタートし、クリートがはまらないが、折り込み済み。少しずつ順位を上げて行く感じで。
(なかなか上がれなかったので、一気に先頭まで出た方がいいのかもしれない)
特にインターバルがきついということも無いが、調子がいい時こそ調子に乗ってはいけないので、自重自重の「おしん戦法」
6周ごとにスプリントポイントがあるが、狙いに行く足は無い。(青Mさんは先頭がん牽きしてマイヨヴェール取ってたけど、そんなのは無理)やれることを、やる。
スプリントポイントのタイミングで逃げが発生するかと思ったが、取った人も直ぐに集団に戻って、あまり上げ下げは無い。
残り、3・4周くらいだったかで2人+1人の逃げが発生、もしは無いがベストはここで行くべきだった。
集団も自分も先頭まかせでペースが上がらず。
イン側の列を走っていて、残り周回数が良く見えなかったが、目を凝らすと2周。
先頭との距離感、お見合いムードの集団。これはヤバい。
裏のストレートでコーナー立ち上がりのインターバルが終わり、集団が「ふぅ」となった所で一気にかけた。
ホームストレートに単独で戻って来ると3番手の人がタレている
チャ―ンス!とオーバーテーク。
ギアかけろ、行け行け!と第1コーナーでチーム員の声援。
片道切符は切った。もう行くしかない。後ろなど確認出来ず、裏ストレート全開モガキ。
最終コーナーでホイールの音が後ろからした。
スプリント集団に付く力も残っていなかった。
初表彰台の夢は儚く散った。

リザルト
14位

単独で最後まで逃げ切れる足は無いし、スプリント力も無いが、他の人の逃げに乗っかっての逃げという展開なら、もしかしてとは思う。心肺能力を使って抜けだす勇気。集団のムードを感じて、離脱するタイミング。
手ごたえは感じました。
スネオにはスネオの戦い方がある。

あとはまったり戦場カメラマンをしていると。

ハリーさん!優勝!

もう、カヤマ戦士ってどんだけ~。
チームも大喝采!今年というか数年?無かった実業団レースでの勝利です。大快挙!

(次の日Zeidaさんのけいはんな優勝で更にひっくり返ることになる私、何発花火上がるの)

続々、一発昇格者が出て、もう怖ぇ~ショ。(複数ポイントでチームポイントもガッツリ貰って、なんかもう、なんかもう、みんな凄すぎ;)

ひろしまがんばろ…


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/143-24dd29e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。