上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順に

顔見せを兼ねて前日は実家でくつろぐ。会場にも近いのが利点。
サンフレッツェ広島(サッカー)の試合終了間際、こりゃ同点終了だろという硬直状態から。
こんなタイミングでそんな角度からどうやって入れた?
というような劇的勝利を見て気分スッキリ。今広島首位なのか、強くなったなあ。試合展開もクリーンで地力で強く。なんか、好感度大!
そんなで、おビールもちょっとだけいただいて就寝。
朝、体重測定して55キロちょっと、西実の時よりペッドボトル2本分も軽い。ほぼ計算通りに絞れた。
焼き魚で朝食。うまい。デザートに植えているいちじく。
地元米も脱穀してもらっておみやげに。ワタシの体のモト



会場に入るとE2はもう始まっていた。応援しながら準備。
今回もワンピースジャージをチョイス。
なにせ昼14時40分からというスタート時間、レース見ながら気持ちを高めて、アップも混ぜて、食い過ぎず、食わなさ過ぎず、寝たり、またP1の応援をしたりして、メンタル的に大崩れしない様にレースに臨む。
40分くらい前にスタート付近で待ち、フリスピのマコトさんとおしゃべり。
左端3列目に並べた。
更に柵が左にあるので、柵をつかんで両足クリートがはまっている状態でスタートできた(いいね!)。
そのおかげか、下り始めで3番手、幸先いい。
路面もドライだし、前方なので変なインターバルもかからず。すがすがしい。
結局、この日は集団では終始6番手以内ぐらいに位置していた。
楽だと思っても頑張らない事と青Mさんからアドバイスを貰っていたので、先頭から落ちてきた選手が入れる隙間を作って前走者を回しポジションを出来るだけキープしてみた。

1周目の3段坂で、この日もの凄く牽いてくれたKENSの選手他自分を含む4名くらいで少しだけ逃げるが、うまく差が広がらない。結局下りきる前に吸収。

2、3、4周目
相変わらず絶好調です。6番手程度のおいしい位置を完全キープしつつ進行。
西チャレの時はホームストレートで死に体だったので、チーム員もあれはもう駄目かも分からんねという感じだったと思うが今回はまともだなと思って見ていられたと思う。ホームで水が少なくなったボトルをパージしたが、満タンで残っていたもう1本を捨てれば良かった。

5周目
流石に最終周だけあって集団も前へ前へと言う意識があるが、アップダウン区間でも特に気おくれもしない。
金網トンネルを越え、激坂を登って下りきる。
ここまではよかったが、3段坂に入るといけると思っていたのか先頭固定で走ってしまう。
そこからかける気なら、最初のトンネルから引き千切る気でかけないといけない。中途半端
結局、一番キツイ展望台坂の真ん中でガス欠になるという過去良くあったパターン。
下りを激踏みして吊り橋あたりで集団しっぽを捕捉するが、この時点で完全に終了。
着にからむスプリントには参加できませんでした。

ナガラさんにも指摘されたが、登りで調子に乗り過ぎる癖がでてしまう。斜度があれば前も後ろも同じだろうと思っている?勝負所であまり後ろ過ぎるのも追い上げにしんどいので、ここも5番手くらいでボチボチ登るのが良いのではないだろうか。

この後、高梁で同じ様なことをやってしまう事になる…

良い結果は残せませんでしたが、今回家族が応援に来てくれました。特にプレッシャーにもならず。
ありがとねー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/144-426f7699
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。