上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期も今レースよりシーズンインです。

リザルト
A-Mクラス 59:37 トップ差0:02 15位

気温は高く、ワンピースジャージを着るのに寒くない程度。
体重は去年比+1キロといったところ。

スタート

人数はそこまで混雑していませんが、先頭に並びます。
今年も始まるんだとスタートの合図を待ちます。

1周目はとりあえず、トラブルのないように帰ってくるのが目標。
年齢的に?みんな大人の走りです。
3分前にスタートしたカテゴリで落車があったようで、バイクが先導してペースを抑えます。
特にストレス無くアップダウンをこなします。

ちょっと突出し、3段坂クリア。
3段坂

みんな、あまり本気で踏んで無い感じです。

下りで抜け出ますが決定的な逃げにはならず。
1周目

2周目に入り、登りでかけてみたりしますが、今年はどうもチェックが厳しく、そう簡単には逃げられそうにありません。
S居さんに、もう少しゆっくり登ろうと言われましたが、間違いなく三味線なので話半分に。
N村さんは冷静な動きで力を残していました。
結局、人数はあまり減らないまま、最終周を迎えます。

この周は特にみんな集中していました。集団は中切れを起こすことなく三段坂へ
最初のトンネルを超えて登っていると、一番前まで出てしまいました。
ここで何人かで回してスプリントに強い選手の脚を削っておきたい所ですが、誰も前に出てきません。
結局、展望台の登りまで牽くことに。先頭で登り始めると流石にきつく、ピークを3番手で通過。
と…ユニヴェールのとさやんさん達が渾身の下りアタックで横を抜いて行きます。
片道切符の本気のアタック。完全に虚を突かれました。
逃げれなかった場合にどう動くか、結論が出ていなかったので、いろいろ躊躇してしまいました。
ここでとさやんさん達に合流するのに脚を使うのも一つの選択肢だったように思えます。
結局後手で集団に飲み込まれてしまいました。最終2コーナーまでの位置取りがうまく出来なかったのも×。
この時点で詰んでいて、平凡なリザルトに沈んでしまいます。

急坂で付く数秒程度のアドバンテージをゴールまでにどう生かすか?スプリントが苦手な自分の思考錯誤は続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/160-80acb099
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。