上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.18 緊急参戦舞洲
朝4時半、Zeida邸前にて、hikasaさんの車に乗り合わせ。今回、参加はしないが、一応、自転車も積んでもらう。
じきに☆noさんも到着し出発。全員、舞洲は初
今日のレースは完全平地。平地4兄弟がフル参戦、DやM錬メンバーからも強力な選手が多数参加!登録カテゴリーのレースも同時開催、見るしかないでしょ!ヒルクラ前だと、朝ごはんからナーバスになるけども、今回は人ごとなので、ご飯が美味いなあ。


maishima

会場はこんな感じ、湾岸でやや風が強いか。参加者にご挨拶する、aka-madoneさんや灰色ウサギさんに話を聞くと、当日受付とかもあるんじゃないかとの事、またまた御冗談を…
とりあえず、試走できるのでコースをグルグル回る。
大会参加者の楽しそうな姿を見てるとですな、どうにも走りたくなってきて、参加費握りしめて当日受付に。

参加すると決めたからにはいろいろ上げていかないといけません。準備しながら登録クラスの予選を観戦。最終コーナーを束になって通過する姿を見ながら、これはえらいものに出ることになったと。
ライン取りや先頭を引いた後の下がり方、など観察。

最終軽量化を済ませて、実走で30分程度アップ。久しぶりの生足なので、どうにも違和感が…。

オープン3の番となり、列に並ぶ。岡山からの参加者が多いのでアウェーという気がしない。平地4兄弟のふくらはぎに、自分の足を近づけてみるが、正味倍はボリュームが違う。スプリントではリアルな話…どうにもならない。
走り方を決めかねていると、みむtさんがアドバイスしてくれた。
「専門外なんだから、勝とうとしちゃいかん、逃げをうて!」と
霧が晴れた。

2番目の列に並んでスタート。ローリングスタートなのでコーナー立ち上がりまでは先導者がペースコントロールしている。まずは軽く一周。モチベーションを上げる為のゲン担ぎのようなものなのだろうか?予想通りミジンコさんが1番に通過。特に自分はこだわりはないし、2周ぐらいノートラブルで走りきることで走りを安定させるスタイルなのでペース維持。先頭も牽くが、hikasaさんに途中交代してサポートして貰った。残念ながら、hikasaさん、極度の体調不良により、この後、戦線離脱。
スタート前に聞いたリンダさんの話では裏ストレートでは右側に空きがある!との事だった。確かにガラ空きじゃないか。3周目ぐらいで中盤くらいから、アタックしてみた。先頭まで出てみると鷹さんが献身的に牽いている所だった。ほどなく自分もプロトンに飲み込まれる。しかし、何だろう、この新感覚は。楽しい。
最終コーナーではひやひやするし、コーナー立ち上がりではペースが一瞬上がるが、裏ストレートでは風があるためか、特に速いペースにはならない。正直、先週の朝錬の方がしんどかったくらい。
回復してきたので、本日2発目。
ホームストレートで目立てるのは、超気持ちいい。が、一人ではそんなに逃げれないな。
nige


後で知ったが、ゴールに残り周回数が表示されていた。(またしても天然、勘だのみかよ~)
鐘が鳴ったので、これはゴールが近いと最終の逃げをしてみる事にする。1周半ぐらいもてば、別の戦略もできるが、半周そこらで捕まってしまっては…。
最終周、akaさんが逃げをうつ、他の有力選手もペースを上げる。足は残っていないが絞り出す。次々とゴール。誰が勝った?

帰ってきてみると、akaさん8位、Zeidaさんはなんと3位(初参戦でいきなりポディウム、凄!)
DACHSメンバーで健闘を讃えあう。


分野外と、あまり興味が無かったクリテリウムですが、逆に開き直れて、普段しない逃げなどを試せて、走りの幅が広がった気がします。一緒に走られた方々、有難うございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/34-e4d20fa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。