上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.23 2連
木曜は恒例朝錬に参加。
今回は代休をいただいたので、自分も時間の余裕があるため、フルコース。
少しアップも多めに。笠井山を越え、53号からレスパールの登り口付近まで淡々と。
レスパールへの登りは獲得標高200mくらいの、どちらかと言うと「ヒルクラ的」登りが要求される坂で、初めて登る人だと、コーナーを曲がった後に、更に延々登りが続いているため結構つらい。激坂はない。
最後のみペースを上げる。これにて自分のターンは終了。
下りはかなりガスっていた。最後尾を用心して走る。
落ち着いた所で足並みをそろえる。
カバヤからはいよいよヤバいステージだが、最初は気持ち抑えてもらったか?(それでも40キロペース)
最後はプチスプリントとなるかという所が、ゆっくり走る軽トラが先行しており、対向車もあって水を差される。
安全第一。
大原橋?の下で7時少し過ぎだったので、通常でも始業に間に合うか?気持ち余裕が欲しい?といった所。
去年、日が高くなってからは九播周り30キロぐらいが定番コースだった。ここばかりだと流石に飽きる~。

赤マドンさんZeidaさんと別れ、家でプロテイン飲んでから本日第2部、ミジンコさんプレゼンツBBに参加。
渋滞に引っかかっているとのことで、待っている間、自走乙☆リンダさんのピストに乗らせてもらう。
走り始めから、減速の仕方まで初めてなのでいまいち慣れない、ブレーキレバーを横にひねりたくなったわ。
引き足はスムーズになりそうだが、山走る類のものではないな。しんど杉~
ホスト到着によりBB開始、距離を走るのであとあと効いてくるBBですが、朝走って火がついてる為、空港から後楽までは先行させてもらう。
ミジンコさんにいろいろ話を聞いたが、端々になんとなく熱を感じて心地よい。自分にとっての山岳レースが舞洲なのかと。
そんなで加茂川円城まで到着。レーションを補給することに。
pan
ここ

ごまおさつフランス他を食す。わりと胃に来たが、なあにかえって耐性がつく。
そんな意味のBB(ボディブロー)ではないと思うが。

あとは下りで高速ローテの接待を受けながら帰還した。
アドレスを交換したのはいいが、早朝後楽なる朝錬を今年も復活予定らしく戦々恐々。
強度やコースはまあいいとして3時半起きか…寝てるなあ、まず
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/35-98f1d529
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。