上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.14 金山TTとか
朝は灰色ウザギさん、ハリーさん、ジャイアンさんと6播錬。最近回せてないのではとの思いから、高回転を混ぜる。ホントは曜日を決めて、この日は回すっていうのがいいんでしょうが。ラストはプチスプリントで〆
仕事があるのでチームの15ステージには参加せず。

仕事は3時ぐらいで早めに終わり、何処に行くのも微妙なので金山に直行してTTをすることにした。
金山は調子を図る為のホームコース的な山。その為、行ってしまうと必ずと言っていいほど追い込んでしまう。
アップは済んでいるので、早速計測開始。トンネルを超えて斜度が上がる。
ベストを更新するような時は、走る前からなんか確信がある。今日の足、鬼入ってるというモリモリ感がある。
今日は良くわからない。
石材屋さん前のゆるくなるとこで時速22,3キロぐらい
宗谷山への分岐ちょっと先のピークがCP1としている。6分45秒
ちょっと下って結構厳しい登り。ここの一番斜度がきつい所で速度が一ケタになるようではタイムは出ない。粘る。
きついと、せっかくアップライトポジションにしていても頭が下を向いて、呼吸がしにくくなり、真っすぐ走れなくなる。景色(というか前方)を見るようにして、スタビリティを上げる。思考を取り戻す。
ハアハア言い過ぎている。マラソン的な呼吸に戻し、体の中の酸素の減りを抑える。
しかし、これ一人で登っているからいいものの、ヒルクラで誰かと走ったら前からも後ろからもハアハアはあはあと、もうそれだけで疲れてしまう。独走がいいなあ。
招き猫の坂はゆるい所からぶりを付けて、後はダンシング。
その先は、平地に近いので下ハンで加速。回す!
CP2エースセンター前13分50秒(ベスト時13分26秒)
うーんわりと良い。この先はつづら折り区間となる。対向車に注意しダンシングでヘアピンをインデッドに攻める。
最後のヘアピンを抜け、スピードを上げる。ゴール!
今日は20分54秒でした。ベストには届きませんでしたが、駄肉の割には悪くもないか。
金山南コースと乗鞍の相関関係は経験上、金山タイム×3 + 4分から5分ぐらいかなと思います。
年齢別クラスで入賞枠のリザルトに自分の名前をねじ込もうと思ったら、金山20分は切っておきたい所。
1時間切りしたいなら18分フラットか?

こんな感じで金山は登っています。

笠井山方面に下りながら、熊野を想定して、下りの考察
①単純にテクニックが無い、特にウエット
②対向車、イレギュラーに対するマージン
③木陰で暗順応によりコースを一瞬ロスト
この辺をもって苦手としているようだ、また速い人に下り方を聞いてみよう。

土曜なので登ってくる人も割といました。登り向きでは無さそうな人もいますが、坂馬鹿に重いも軽いも関係なく。ホントはその嗜好こそが素質なんだよなあ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/43-60104729
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。