上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝起きると、雨も降っておらず、来週の中国地域ロード対策として、岡山空港南周回コースで練習。
チーム岡山以外は、青Mさん、ハリーさん、オガワくんの他、途中から飛び入り参加で詳細不明の方といった感じ。
高低差があるコースでも、下り、登り共に、初心者練習枠はそんなに激しい事にはならないと思うので、興味のある方はお気軽にご参加を。
全員、走力のあるメンバーなので、下見1周、次の週から10周ほど、だんだん強度を上げてという事になった。
コースはちょっとだけ斜度のある下り、ゆるい下り、ゆるい登り、ちょっとだけ斜度のある登り、と、鏡で映したようなプロフィール。
試走を終えて、練習開始。下りも走りに迷いがなくなっとると自転車親父さんにほめてもらえる、ある意味登りを褒められるよりうれしいねー。
前まで、ロードレーサーの走力は走行距離により一次関数的に上がっていくと思っていたが(距離も下地作りに大事)みむtさんも書いていたとおり、集団走行やレースで得られる経験値は、やはり大きい。体感してみてつくづくそう思う。

さて、今回のコースで厄介なのは緩斜面。A東さんや青Mさんの脚質にドンピシャ。1周目から33キロぐらいのペース、うーん、じわじわくる。しかし、沼を越えてからの登りは逆に、なんかはまる。アウターに入れたまま回転数が落ちない。さら足という事もあるが、調子がいいんじゃないの!青Mさんや、西実で調子の良かったカイルさん、自転車親父さんも速い。

2周目
下りで全員合流。直角コーナーから緩斜面に入るが、ちょっと狭いので一列という事になる。多分、間隔が短いローテをしないという意味のハズが、青Mさん先頭固定的な感じで結構牽いてもらうことに。
斜度がある区間では絶好調のプチモニ組が抜け出す。

3周目~5周目
下っていると、青M特急がかっ飛んできた。ペースは速い…し、ローテ間隔も凄く短い、ん?そーいう事ぉ?
特に話しての事ではないが、後続から逃げてみることに、後続も個人や小集団になっている為、逃げは成功したが、人数が少ないので緩斜面のペースなどはゆるゆるになってしまう。集団で走る意義を考え仕切り直し。登りの頂上では以降、全員集合することとなった。

6周目~8周目
本来のチーム岡山錬といった感じ。しかし、カイルさんプロデュースのこのコース、下りでも絶妙に休めない、キツイがいいコース。そして、集団が多いので緩斜面でも明らかに激しいペース。アタックのおまけつき。なかにしさん、自転車親父さん、A東さん、青Mさん、ここでぇ?!ってとこで代わる代わる発射。圧巻だったのは、熱が出るなど体調不良で、今日も絶好調でぴーぴーどんどんなハズの灰色ウサギさんアタック、緩斜面で40キロとか…流石に付けません。レースじゃそれでもつかんといかん場面もあるはずで、アタック合戦、ホントにありがたい事です。ことごとく反応してみたので、腿とつま先がぴくぴくヤバいことに。

9周目
少しだけ自販機タイム。ぽつぽつ雨が降り出すも、登りはみんな意気が高い。

10周目
結構降ってきた。少し躊躇するも最終周行こうということに。もうすでに路面が濡れているので、用心して。
最近のレースは雨が多かった事もあり、みんなあまりウエットコンディションに抵抗が無い。(最後ということもあるが)
最後の登りでラストクライム勝負。流石に始めと比べてペースが落ちているが、アウターで回し切り、どうにか制する。

来週向けて、100キロというリアルな負荷を感じることが出来た。1週間前の調整としてこの上なし!ありがとうございました。


そしてぇ~!レスパールのお風呂とどら焼きに癒されるのだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/54-669b195f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。