上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーん、消えたね、記事。orz

簡単に…
1周目
パレードスタートだが、熊野で慣れているし、晴れで人数も少ないので、特に問題なし。
有力選手のナンバー確認しとくの忘れた。

2周目
そこまで先行する気はないが、先頭を走ることもあるぐらいだから、まだペースは上がっていない。

3周目
長い登りで一気にペースが上がり、切れる。
前方に少しだけ独走している人が見える。下りの間、少しだけ悩んだが、前を追いかけて集団を作ることにした。
ゴール前の坂でIPUの学生に追い付くが、学生は離脱していく(後ろに迎えに行ったとか)

4周目
最初のマンホールのある下りで上の道に追走二人を確認。長い下りあたりで合流できるようにペースを合わせる。
合流後、岡山勢が来ないようだったので第2集団、始動。

5,6周目
先頭集団から脱落した人、仕事を終えた人を吸収しながら5、6人ぐらいのグループになる。
コースのあちこちで先頭集団とのタイム差を教えてくれるが、タイム差が広がっているので、先頭集団が崩壊していないのは分かった。足と心拍と相談しながら、登りでも、下りでもきっちり空力を使う。下りの登り返しから右折までは皆ちょっと足を止め過ぎな気がしたのでオーバーテイクして前を牽いたりなど。
岡山A入来選手とも確かこの辺で合流。

7周目
入来選手、足がつってるとのこと。私もです
平地区間は完全に意思統一された2列ローテ。
ゴールまで戻って来ると岡山勢から応援を受ける。限界は近いがこれで切れる訳にはいかなくなった。

8周目
逃げるほどの余力を誰も残していない(ようだ)流している選手もいる?登りでは多少分があるように思うので、最後の登りに賭ける。が、その登りで高校の部の先頭に追い付かれる。混走しないよう言われるが、こちらもゴールなので邪魔しないようにだけしてペースを上げる。アウターでありったけで回したが、入来選手、広島石堂選手にはパスされてゴール。
中国ロード、完走。声援ありがとうございました。

レース参加により、だんだん「ロードレース」ができるようになってきている。もう少し力と慣れがあれば、レース中やれることも増えると思う。いずれにせよ今回のレースは貴重な機会でした。

忘備録
空気圧7気圧程度
ボトル2本1250mlまるまる必要だった。晴れていたら足りていないか。
飲みきったと思うボトルでも1本160gはあった
パワーで登る登りへの対応


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/59-f3669bfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。