上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.11 徳島痔獄錬
チーム練習会とかぶり、不義理ではあったが徳島遠征に参加。こんな機会、なかなか無い。
徳島の強豪、シルベストのN村さんなど業火メンバーが集まるとのことで前日から不安。取り残されても最悪ゴールまで戻ってこれるようにコースの写真を携帯で撮るの図。

現地は快晴。まずはアップ区間でゆっくり、しかし、ローテーションしはじめてからは、いきなりハード。
序盤で終了?そんな。 
と、思っているところで更にペースが上がる…やば…終わ…。幸い、スプリント区間でした

6つの山岳では頂上付近でアタック合戦が始まる。
サンクス後の日下峠が出力的には最高だったか?
が、正味きつかったのは、その後の引田への下りと平地。
晴れの国7耐チャンピオンのおかPさんの牽きについていけない。
それでも、ペダルだけは緩めないと、akaさんと鬼回し。
信号で止まったところでようやく、こらえてもらいました。
(おかPさんに年を聞いてびっくり、あまり変わりませんでした。岡国耐久の表彰台で拝見した時は20台のP1ライダー?とばかり)
大阪峠(引田)に入る前にローソンで水分補給、このローソン3、4年前に四国一周した時に寄ったなあ。
懐かしい。
と、2ℓペッドボトルで水を買ったマーシーさんが、暑さで死に体の自分やメンバーに水をかけて回っている。
それを見て、なんか

お墓参りみたいだなあと、ほのぼのとする。
(自分についていえば言い得て妙だな)

最後の大阪峠は、新感覚クライム
登りながらコーナーを攻める?なんだこれ?いまだかつて、無い!
最後はきつめの坂を登ってアケビの展望台へ。
展望台
突き抜けたぜ!

知らない道を走る時の、これまで一度も繋がったことのない、頭の中のラインが繋がる感覚、何度味わってもいいものです。
コース設定していただいた、とさやんさん始め、皆さんのおかげで充実した走りが出来ました。
仲間
また、走りましょう。

広い温泉でサッパリしたあとは、これは外せない
「やまきょう」で徳島ラーメンをいただく。くっはー 塩分が体にしみるわー。完食です!
徳島フルコースを味わった日でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/65-0deb14b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。