上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リザルトより

今期最終戦は
チャンピオンクラス9位
総合 12位
30分 24秒

レース朝、4時起き 5時50分頃、舗装されていて、軒下がある第2駐車場に止める。
まっくらで、しとしと雨の降る中、少しローラーでアップして会場入り。
パレードランのあと出発まで間があるかどうか分からなかったので移動が始まる前に早々にカッパを脱ぎ、ウインドブレーカーのみで寒い、パレード中、歯が鳴る。他の選手も寒そう、せめてウオーマー系を持ってくるべきだった。
沿道からたくさんの声援があり、手を振り返しながらスタートへ。
スタート地点ではトイレタイムがあり、テントも設営されていたのでここでカッパ等ぐらいなら預けていけたかも。
選手リストが載っていなかったので、参加者が分からなかったが、ノザキ、マッサの選手、あとはハリーズ選手。
このあたりが先頭集団を作ると思われる。
スタート後は、いきなりペースが上がることは無かったが、極めて斜度が低いので前方展開する。
マッサともう一人選手が抜け出し、先行。集団は静観。
5キロも走ったら、数が絞れた。
沿道に花が植えられている区間でノザキの選手が一人落車。
峠のピーク前で先行2名を吸収、集団で下りへ。
下りを抜けるとほぼ平坦区間、こんなハイスピードヒルクラ、いまだかつてあっただろうか?
平坦が終わるとようやく登り。ぎりぎりくらいついていくが、ふるさと村入口手前から遅れる。
林道を抜けると軽い下りがあり、最後の登り。
あと300

先導車に連れられ、今大会最速のノザキRS高橋選手がゆく
taka1


雨を切り裂いてゴール!!
taka2


後続も最後の炎を燃やす
taka3


いまだ一度も勝てたことのないハリーズ選手(中央)、今回も速かった
taka4


落車しながらも懸命に前を追ったカザミドリの選手(左)、そのはるか後ろにぼんやりとワタシ
taka5


しんどそうだし、なんか格好から寒々しいな。後ろはY田君、もうすでに速い。
taka6

写真協力友人O氏、雨の中ありがとう、一眼だと雨が止まって見えるなあ。グッジョブ!!

スタッフの方、沿道から応援していただいた方々にお礼しながら下山。
お蔭で気持ちよく走れました!


これで今年のレースは終了、冬はじっくり乗ろっと。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://d241.blog106.fc2.com/tb.php/94-86b2dd9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。